■ライフスタイルを大切にした働き方

スキルアップを図り、いずれは独立を考えている方、時間、曜日が限られている方等、個人のライフスタイルに合わせて働いて頂く事が出来ます。

■自分合った仕事が出来る

派遣では1つ仕事に縛られる事がないので、様々な仕事を経験、スキルとして身に付けて頂く事が出来ます。自分に合った仕事にまだ出会われていない方は、自分に合ったお仕事が見つかるかも知れません。

■スキルをいかすことができる

正社員の場合、専門スキルを持っていたとしても、必ずしもそれを生かせる部署につけるとは限りませんし、全く関係ない部署に突然配属される事もあるでしょう。その点派遣の場合は、能力ごとに派遣されるので、専門スキルを生かす事ができ、さらにスキルアップを図る事も可能です。

■大手企業で働くチャンスに巡り合える

現在、景気の先行きも厳しく、大手の企業に正社員として入社するチャンスも少なくなってきている現状だと思われます。しかし、正社員ではなく派遣社員という形であれば求人も多くなり、大手企業で働くチャンスに巡り合う機会もぐんと増えます。まわりで働く人間達は、厳しい競争を勝ち抜いてきた人材ばかりですから、大きな刺激を受け、自らのスキルアップにも繋がるでしょう。

■残業手当が貰える

派遣社員は、労働時間、労働内容が決められている為、時間外労働を強いられる事はありません。正社員であれば、サービス残業なるものが存在しますが、派遣社員の場合、残業した場合は、残業した時間分の賃金が発生します。

■高収入を得る事が出来る

派遣社員の給与は、時給換算すると正社員、アルバイト、パート等よりも高収入を得られている事が多々御座います。就業場所での経験、年数により給与を多く貰われている方もいらっしゃいますので、一概には言えませんが、スタート段階で比較致しますと、断然高収入を得られる割合は多くなります。





■安定していない

契約期間で雇われているので、契約打ち切りになってしまう可能性があります。また、派遣先の事情により人員の削減が行われる場合、派遣社員やアルバイト等が削られる対象になる可能性が非常に高くなります。

■ボーナス・交通費が出ない

派遣会社にもよりますが、稀な例外を除いてボーナスが支給される事はありません。交通費については、遠方の勤務先等の場合、一部補助ありといった派遣会社は多い様ですが、全額支給される事は少ない様です。

■時給や日給なので、GWやお正月休みが多いと月給が減る

派遣社員は基本的に時給計算か日給での給与となる為、 GWやお正月等の長期休暇が入ると、職種にもよりますがその分月給が減ってしまいます。

■仕事としてのデメリット (雑用係にされる)

派遣社員を下っ端と見下す社員の方もいる様です。職場によっては、雑用係代わりに扱われ、退職する際、履歴書に記載されるスキルが何も身についていないといった場合もある様です。



お問い合わせ | お知らせ | プライバシーポリシー | サイトマップ